初めてのギター購入!どんな種類があるの?

   

初めてのギターは手に入りましたでしょうか。
まだですか?そんなあなたのための記事となっております。
前回記事「楽器屋さんと通販編」はこちら~
今回は、初めてのギターの選び方(種類)と初心者がつまずく疑問点についてです。
初心者が~と銘打ちましたが、ギターを買って帰った初日のお話しだと思ってください。
まずはどんなギターを選ぶか考えるために、大まかにどんな種類があるのか、簡単な特徴をご紹介していきます。
またその中でギターの部位の名称等の専門用語が頻発します。
当記事ではそこのご紹介はしませんので、他サイト様やギター入門書なんか見ながら確認いただければと思います。

ギターの大分類は2種類!

ギターは大きく分けて2種類に分かれます。
よく耳にする言葉で、アコースティックギター(アコギ)エレキギターの2種類です。
アコギはボディに穴が開いており、そこで音を響かせて鳴らす楽器です。
対してエレキは穴無しで、ピックアップやらの部品が取り付けられています。エレキの生音は小さいというのは、ボディに穴がないことに由来します。音が響く空間がないために小さい音であるわけです。
このつくりの違いから、完全にギター1本だけで演奏するならアコギを選択することになります。
(公園とか、河川敷とかを想像してみてください)
逆に、バンドで演奏する、アンプがある環境ならエレキが選択肢に入ります。
アンプを通したロックな歪んだ音はエレキギターの特権ですからね。
まずは最初の一本として、自分がどんな環境で演奏、練習するのか、あるいはどんな音楽をしたいのかで決めるのがいいかと思います。
アコギでもアンプにつなぐことはできます。

エレキギターの分類

さて、ギターとはアコギとエレキの2種類があることは理解していただけたと思いますが、さらにエレキはその形状からいくつかに分かれます。
ちなみにアコギも、ガット弦と鉄弦に分かれますが、通常のJ-POP等であれば鉄弦を選べばOKです。
今回は本当におおざっぱな分類として、3種類にわけてみようと思います。
これら3種類は初心者でもはっきりわかるほど音が違います。
なおエレキギターの音は、ピックアップという弦の振動を電気信号に変換する部品によって性格が決まるということを知っておいてください。
ストラトキャスター
ストラトキャスター(以後ストラト)は、多くのギタリストをして「最も弾きやすい」と言わしめたギターです。
本家はFender社からの販売です。
日本ではラルクアンシエルのken氏もストラトタイプのギターを使用していますね。
薄めのボディは比較的軽く扱いやすいです。
ピックアップはシングルコイルのものが3つついているのが一般的です。
それにより、演奏時にはきらびやかな印象を受けます。
コードやカッティングでのバッキングがすごく気持ちいいギターです。
レスポール
レスポールは、本家Gibson社から出ているギターで、こちらも愛用者が多いです。
日本だとバンプの藤原氏が黄色いレスポールを愛用しています。
上記のストラトと比べると、ギター本体の重みがあります。
ピックアップはハムバッカー2基が一般的です。
音の特徴は、とにかく力強いです。
パワーコードでの演奏や、ソロの存在感が素敵です。
セミアコ/フルアコ
セミアコースティックギター・フルアコースティックギターです。
勘違いされる方が多いですが、アコギとこちらのギターは違います。
セミアコやフルアコはエレキギターをベースにしていますが、アコギはあくまでもアコースティックギターです。
そのためセミアコ・フルアコにはピックアップを取り付ける必要があるため、サウンドホール(ギター本体の音が出る穴)も真ん中に丸いものではなく、アルファベットの「f」のような形で横のほうにふたつほど空いている場合が多いです。
音のイメージはちょうどエレキとアコギの間のようで、丸く優しい印象があります。
セカイノオワリのfukase氏がこのタイプのギターを使用していましたね。

ギター購入のまとめ

まずはアコギかエレキかを決める。
→エレキの場合はさらにどのタイプのものか考える。
といった流れになります。
たくさん種類があって決められないのであれば、「好きなアーティストが使っているもの」を選べば間違いないです。
ギター選びに関しては、見た目で決めるというのが最初は特に王道なのです。
かなり長くなってしまったので次回に続きます~
次回はこちら!「初めてのギター!初心者が弾き始めるその前に確認したいこと」
スポンサード・リンク



 - 楽器